PR

【浅草】三社祭2024はいつどこで?アクセス、駐車場、屋台から日程、時間、会場、場所まで全て解説!

浅草神社例大祭 三社祭 日程 場所 屋台 駐車場
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

浅草神社例大祭 三社祭は東京都台東区にある浅草神社で3日間行われる伝統的なお祭りです。

1年の中でも大きなお祭りとなるので、イベント期間中は浅草神社周辺がお祭り一色となり、伝統文化に触れられるだけでなく、この期間だからこその活気も味わえます。

最終日にはお神輿も見る事が出来ますよ。

この記事では浅草神社例大祭 三社祭2024いつどこで開催されるのか、日程時間場所などの基本情報から屋台アクセス駐車場まで全て分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

浅草神社例大祭 三社祭2024はいつどこで?日程・時間・会場・場所など基本情報

祭り名称:

浅草神社例大祭 三社祭

会場・住所 

会場名:浅草神社(三社様)

住所:東京都台東区浅草2丁目3-1

日程: 

2024年 5月17日(金)から2024年 5月19日(日)まで

時間:

  • [5月17日(金)] 13:00〜15:30ごろまで
  • [5月18日(土)] 10:00~16:00ごろまで
  • [5月19日(日)] 6:30~8:00ごろまで

花火打ち上げ日程・時間:

花火はありません。

料金:

無料

地図:

浅草神社のグーグルマップはこちら

公式ホームページ :

  • 三社祭 | 浅草神社 三社様 (asakusajinja.jp)のサイトはこちら
  • 三社祭の日程 | 浅草神社 三社様 (asakusajinja.jp)のサイトはこちら

5月16日(木)は19:00~本社神輿御霊入れの儀が開催されます。
期間として含まれていない行事なので、実際には見られないでしょう。

5月17日(金)の13:00~開催される、「大行列」は雨天の場合、中止になりますので見に行く方は注意してください。

その他、最新情報が入りましたら随時更新していきます。

スポンサーリンク

浅草神社例大祭 三社祭の歴史や由来と2024年の見どころ

ここからは、ちょっとした豆知識をお話します。

これらを読んで行ったら、お祭りをもっと楽しめる可能性がありますので、隙間時間に読んでみてください。

浅草神社例大祭 三社祭の歴史や由来

三社祭は5月の第3土曜日を中心とした3日間に行われるのが基本となっています。

江戸時代の雰囲気が残る浅草の街並みと華やかでカッコいい神輿や舞は、三社祭でしか出せない風情でしょう。

「四之宮」という「暴れ神輿」とも呼ばれたお神輿もあったのですが、戦災で無くなってしまったという少し悲しいお話もあります。

浅草神社例大祭 三社祭2024の見どころや特徴・おすすめポイント

「大行列」も花があり、滅多に見られない催しなので見どころはありますが、個人的には「びんざさら舞」が他の場所では見る事が難しいので、見に行ってみてほしいです。

びんざさら舞は五穀豊穣、商売繫盛などを祈って踊られるのですが、神事だけれど派手で綺麗なのですよ。

華やかな日本の伝統文化に触れてみたい方は予定を合わせて見に行ってみてください。

詳しい情報はこちら(URL:びんざさら舞 | 浅草神社 三社様 (asakusajinja.jp) )

スポンサーリンク

浅草神社例大祭 三社祭2024の屋台・出店や会場の混雑状況・すいてる日時

観光スポットとしても人気な浅草神社ですが、空く時間はあるのでしょうか?

屋台もどのくらいの規模になるのか気になりますので、調べてみましょう。

浅草神社例大祭 三社祭2024に屋台・出店は出る?おすすめグルメはある?

屋台は通常日に出ている屋台に追加で約10店舗前後が出る予定となっています。
お正月などのイベント期間に行った事のある方は何となく規模が分かると思いますが、大体その時と規模は同じくらいです。

屋台以外の周辺飲食店にとっても一大イベントなので、このお祭り期間ならではの商品が出るかもしれません。

行った際は、周辺の観光も楽しんでみてくださいね。

浅草神社例大祭 三社祭2024の会場の混雑状況はどう?すいてる日時は?

基本的に空く時間帯というのは無いのですが、催しが始まる前後は催しを見る為にメインの通りはとても混雑するので、あえてこのタイミングで脇道の通りに行ってみると、観光はしやすくなるのではないかなと思います。

催しを見たい方は、メインの通りには早めに到着し、見やすいポイントを探しておくと良いかもしれません。
その際は、周辺に気を付けながら探してくださいね。

スポンサーリンク

浅草神社例大祭 三社祭2024へのアクセスと最寄り駅情報

都会のイベントという事もあり、アクセスはしやすいです。

各方法に合わせてご紹介をします。

電車でのアクセス

最寄り駅は「銀座線 浅草駅」となります。

遠方から行く方でバスを使う方は、会場周辺のバスの運行形態が今年も変わると思いますので、確認してから向かってください。
おそらく、2023年と同じ動きになると思うのでその時の情報を記載させていただきます。

浅草駅は出る方向によってショートカットで浅草神社に行けますので、浅草寺の「雷門」を見たい方とそうでない方に合わせてお話をしていきます。

2023年のバス情報はこちら(URL:「浅草三社祭り」に伴う交通規制時の運行について | 東京都交通局 (metro.tokyo.jp) )

最寄駅〜目的地までの行き方

銀座線 浅草駅 北改札口(東武)から徒歩約5分で到着します。

こちらが、会場まで行く最短ルートとなり、早く催しを見たい方や混雑を少しでも避けて行きたい方にオススメのルートです。

「雷門」を見たい方は、銀座線 浅草駅 3番出入口から行くと良いでしょう。
ただし、混雑は確実にするので、綺麗に写真撮影する事は難しいかもしれません。

シャトルバスの有無

シャトルバスはありません。

車でのアクセス

首都高速6号向島線 向島ICから約10分で会場周辺に到着します。

会場には駐車場がありませんので、ここから周辺の駐車場を探す事になります。

イベント開催時間内に周辺に到着した際は、少し遠くにある駐車場を探して停めに行くとスムーズに行けると思いますので参考にしてください。

交通規制について

今年の情報は5月に入らないと確認出来ないのですが、確実に今年も交通規制がされますのでご案内します。

範囲は「雷門通り」「馬道通り」となり、大体8:00~19:00まで車両が通れなくなりますので、車で行く方はご注意ください。

今年分の情報が出ましたら、こちらに最新の情報を記載させていただきますのでお待ちください。

2023年の情報はこちら(URL:令和5年三社祭 本社神輿渡御順路及び交通規制について | 浅草神社 三社様 (asakusajinja.jp) )

スポンサーリンク

浅草神社例大祭 三社祭2024駐車場情報

浅草神社には駐車場がありませんので、周辺の駐車場をご案内します。

無料駐車場情報

無料駐車場はありません。

有料駐車場情報

 

駐車場名

備考

1

三井のリパーク 浅草3丁目第4駐車場

地図はこちら

2

三井のリパーク 浅草3丁目第5駐車場 

地図はこちら

3

三井のリパーク 浅草3丁目第8駐車場

地図はこちら

4

リパーク 浅草1丁目第3

地図はこちら

5

三井のリパーク 西浅草2丁目第3駐車場

地図はこちら

6

SANパーク台東浅草3

地図はこちら

7

パークジャパン 西浅草第3

地図はこちら

臨時駐車場情報

臨時駐車場はありません。

浅草神社例大祭 三社祭2024で注意すべき事は?

思っている以上に混雑が予想されていますので、散策する際は怪我のないように気をつけてください。

食べ歩きながら散策するのは止めた方が良いです。

場所によって「お店の前で食べないでください」という貼り紙もあり、少し移動してから食べないといけない場合が多くありますが、食べながら歩いて服を汚すだけでなく、相手を怪我させてしまうという最悪な可能性も考えられますので、周辺の安全を確保してからお食べください。

浅草神社例大祭 三社祭会場周辺のおすすめ観光・グルメスポット

浅草はどこに行ってもオススメな場所が多い地域なのですが、個人的に行って良かったと思った場所を今回はご紹介します。

おすすめスポット1:個人的に思い出の味 鳴門鯛焼本店

名称:

鳴門鯛焼本店 浅草新仲見世店

おすすめする理由・おすすめポイント:

こちらのお店は他の場所にもあるのですが、私が浅草で食べた物の中で一番お気に入りのお店です。

薄焼きの生地は表面がパリッとしていて、中の餡が絶妙に甘くて美味しいんですよ。

時期によって期間限定の商品もあるので、行った時は毎回何を食べるか悩みます。

住所:

東京都台東区浅草1丁目28-1

おすすめスポット2:テレビにも出た抹茶アイス 壽々喜園(すずきえん) 

名称:

壽々喜園(すずきえん) 浅草本店

おすすめする理由・おすすめポイント:

意外とお店の場所が分からなくて迷った所なのですが、行って良かったのでオススメします。

私は抹茶が大好きなのですが、ここの抹茶アイスはお茶の繊細な甘さと苦さが引き立っていて本気で美味しかったです。

一番濃い抹茶アイスでも、お茶の甘さを感じたので、また何種類か選んで食べたいですね。

住所:

東京都台東区浅草3丁目4-3

まとめ

浅草神社例大祭 三社祭は伝統文化を脈々と受け継いできたお祭りではありますが、その華やかさとどこか懐かしい雰囲気はこの時しか味わえない物があると思います。

浅草は観光スポットとしても優秀な場所ですが、この機会に日本の歴史にも触れてみてください。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました