唐津くんち2023はいつどこで?日程・時間・会場・場所・屋台・歴史からアクセス・駐車場まで解説! | お祭り・イベント情報まとめサイト【まつりすと】
このサイトではプロモーションを含みます

唐津くんち2023はいつどこで?日程・時間・会場・場所・屋台・歴史からアクセス・駐車場まで解説!

スポンサーリンク
唐津くんち いつどこで 日程 時間 会場 場所 屋台 歴史 アクセス 駐車場秋祭り・収穫祭
唐津くんち いつどこで 日程 時間 会場 場所 屋台 歴史 アクセス 駐車場

唐津くんち佐賀県唐津市唐津神社で行われる秋の例大祭です。

開催日は毎年11月2日~11月4日までとなっており、お祭り当日には獅子舞やタイなどの曳山が町を巡行し、毎年多くの参加者で盛り上がっています。2022年は開催されなかったので、2023年は4年ぶりの開催!唐津市民の皆さんも楽しみで楽しみで仕方が無いようです。

唐津くんち2023はいつどこで開催されるのか、日程時間会場場所屋台歴史からアクセス駐車場まで詳しくお話をしていきます。

最後の方には会場周辺のおすすめスポットもご紹介しますので、ぜひ見て行ってくださいね。

スポンサーリンク

唐津くんち2023はいつどこで?日程・時間・会場・場所など基本情報

祭り名称:唐津くんち(唐津神社 秋の大祭)
日程: 2023年11月2日(木)から11月4日(土)まで
時間:9:30から22:10ごろまで
会場・場所:佐賀県唐津市 中心部
Googlemap:唐津神社の地図はこちら
公式サイト:

秋の大祭(唐津くんち) | 唐津神社公式ホームページ (karatsu-jinja.org)はこちら

唐津市役所の唐津くんち情報ページはこちら

今年2023年の唐津くんち開催日程は公式サイトからの情報はまだありませんが、9月1日からボランティア募集をかけていますので、開催に向けて準備を着々と進めていると感じています。

日付の方はボランティア募集のお知らせの所に掲載がありましたので、開催日がずれるという事はまずないでしょう。

各日付の過去のスケジュールは、11月2日(木) 宵曳山(よいやま) 19:30~22:10、11月3日(金・祝) 御旅所神幸(おたびしょしんこう) 9:30~16:15、11月4日(土) 翌日祭(よくじつさい) 10:00~16:40となっています。

今年2023年のスケジュールも同じように進むはずですが、情報公開されましたらこちらのサイトからいつでも見られるように記載させていただきますね。

スポンサーリンク

唐津くんちの歴史や由来と2023年の見どころ

唐津くんちというお祭りはどのような歴史があり生まれたのでしょうか?
また、今年の見どころはどこなのでしょうか?

面白い情報が待っているみたいなので、早速行きましょう。

唐津くんちの歴史や由来

実は唐津くんちを初めて聞いた時、「唐津くん家?」と聞きなれなくて、面白い名前だなと思い調べたのですが、この「くんち」とは「供日(くにち)」が九州の方言で訛ったものらしいです。

ちなみに、諸説ではありますが、このくんちは各お祭りごとに意味が変わったりもするのですが、唐津くんちで使われるくんちは「神様に収穫した物を供える日」という意味があるみたいです。

九州の方言は可愛いものから面白いものまで揃っているので、このお話は私的には納得の情報でした。

唐津くんちの2023年の見どころや特徴・おすすめポイント

曳山

唐津くんちの見どころはやっぱり、曳山でしょう!

曳山とはざっくり言えば山車の事なのですが、山のごとく装飾がされた山車の事を曳山(ひきやま)というらしいです。

そんな唐津くんちで巡行される曳山は可愛いしカッコいいのが魅力です。

個人的に好きなのは「鯛」と「鳳凰丸」ですね!

獅子の曳山も素敵なのですが、滅多に見ないタイプの子達なので、初見でその可愛らしい佇まいに私は惚れました。

あなたも「この曳山は好きだ!」という物があると思いますので、一度調べて、マイ曳山、あなたの推し曳山を見つけてみてください。

曳山巡行コース

2023年の曳山巡行コースも公表されています。

スポンサーリンク

唐津くんちの屋台・出店や会場の混雑状況・すいてる日時

大きいお祭りである唐津くんちですが、屋台はあるのでしょうか?
出来れば混雑していない時間帯に行きたいという方向けに空いている時間帯もお知らせします。

唐津くんちの屋台・出店やおすすめグルメ

屋台は唐津神社の参道に沿って出店しています。

出店しているのはじゃがバター、お面、クレープ、イカ焼きなどの王道な物から、ハンバーグやはし巻など現地でないと食べられない物がありました。

屋台に並んでいる間に曳山が来て、屋台ギリギリまで道が混み合う事もあるので、鉢合わせした際にはお気を付けください。

唐津くんちの会場の混雑状況・交通規制とすいてる日時

まず、曳山巡行時間の12:00~15:00前後は参加者の多さもありますが、曳山自体が大きくて参加者が少なかったとしても道がぎゅうぎゅうになります。
また、曳山巡行時は並んで歩かないや後ろから着いて行かないなどの注意事項があり、立ち止まる方や行きたい方向に歩いて行く方などで結構危ないと思います。

 

なので、お祭りに行く場合は出来る限り午前中である程度散策して、屋台の後ろなどの安全な場所から曳山巡行を見るという事をした方が良いのではないかなと感じました。

スポンサーリンク

唐津くんちへのアクセスや駐車場情報

さて、ここからは大事なアクセスの仕方です。

例年駐車場やシャトルバスの用意があるとの事なので、詳しく調べていきましょう。

電車でのアクセス

最寄り駅はJR筑肥線 唐津駅です。

最寄駅〜目的地までの行き方

JR筑肥線 唐津駅北口から徒歩で約15分で会場に着きます。

JR筑肥線 東唐津駅からだと通常のバスで約20分で到着します。
東唐津駅からは無料シャトルバスが運行されていますので、バスでゆっくり行きたい方は東唐津駅から向かう方がオススメです。

また、唐津くんちの期間は唐津市内に路線バスで下車するとバス代が無料になるというサービスが過去にありましたので、こちらが開催された場合は路線バスを使う事もオススメします。

過去のシャトルバスの時刻表はこちらです(URL:karatsukunchishuttlebus.pdf )

 2023年実施されるかは情報が出ていませんでした。

 

シャトルバスの有無

 

無料シャトルバスは、例年、東唐津駅から3通りのルートが出ていて、1つ目は「東唐津駅~唐津駅」、2つ目は「東唐津駅~千代田」です。
3つ目は「松浦河畔公園駐車場前~東唐津駅北口」となっています。

シャトルバスに関しては今年2023年の開催に関する情報がまだ上がっていないので、詳しいことが分かり次第お知らせします。

(追記)

例年、無料シャトルバスだったのですが、2023年は有料となったようです。ルートも3つあったのが1つ(松浦河畔公園駐車場前~東唐津駅南口)になってしまいました。料金は往復500円片道でも500円。運行時間は11月2日が午後5時から午後10時まで、11月3日から4日は午前9時から午後5時までとなっています。

車でのアクセス

西九州自動車道 唐津ICから約15分で会場に着きます。

道中に「長松大橋」「舞鶴橋」を渡るルートがあり、道中混雑しやすくなっておりますのでご注意ください。

交通規制に注意してください。

スポンサーリンク

唐津くんち 駐車場情報

駐車場は臨時駐車場と有料駐車場が用意されています。

数は多くありますので、一つずつお話していきます。

無料駐車場情報

1無料駐車場はありません。

有料駐車場情報

全て市営有料駐車場です。

 駐車場名時間料金備考
1東城内駐車場24時間 194台駐車出来ます。
2旧高取邸駐車場6:00~22:00、出庫は24時間出来ます。  82台駐車出来ます。
3南城内駐車場7:30~22:00、出庫は24時間出来ます。  148台駐車出来ます。
4材木町駐車場24時間   98台駐車出来ますが、曳山巡行ルートになる為、時間帯によって車の出し入れが出来なくなります。

臨時駐車場情報

 駐車場名時間料金備考
1浄水センターグラウンド駐車場9:00から17:30 120台駐車出来ます。
2松浦河畔公園駐車場(2日)17:00から22:30、(3日、4日)9:00から17:30 1,470台駐車出来ます。
3Hotel&ResortsSAGA-KARATSU横駐車場(2日)17:00から22:30(3日、4日)9:00から17:30 300台駐車出来ます。
4Hotel&ResortsSAGA-KARATSU(旧唐津ロイヤルホテル)前河川敷駐車場(2日)17:00から22:30(3日、4日)9:00から17:30 300台駐車出来ます。
5外町小学校グラウンド (3日、4日)9:00から17:00 150台駐車出来ます。  

 

スポンサーリンク

唐津くんち 周辺のおすすめスポット

会場となる唐津神社周辺は様々な施設が多くあります。

その中で私が気になった場所をお話します。

おすすめスポット1:天ぷらが美味しそう 茶寮 平(ひら)

名称:茶寮 平(ひら)
おすすめする理由・おすすめポイント:

和食のお店で、うどんや蕎麦が美味しそうだなと見ていたのですが、天ぷらが彩り豊かで美味しそうでした。

ご飯だけのお店かなと思っていたのですが、どうやらお抹茶も頂けるとの事。

屋台のご飯も良いですが、ここも逃せません。

住所:佐賀県唐津市南城内2-6

 

おすすめスポット2:かき氷専門店 芦の花

名称:カキ氷専門店 芦の花
おすすめする理由・おすすめポイント:

古民家を改造したお店のようです。

入口は美術館の裏と少し分かりにくくなっていますが、盛りっ盛りのオシャレなかき氷を堪能出来ます。
かき氷以外にもお食事がありますので、ご飯の為に行くのも良さそうです。

2月~11月までの営業で、夏休み期間は小学生から、通常日は中学生から入店が出来るようになっていますので、気になった方は行ってみてください。

住所:佐賀県唐津市北城内6-51 河村美術館

 

スポンサーリンク

まとめ

唐津くんちは予想をはるかに超える大きな秋のお祭りでした。

曳山は可愛いくもあり、カッコ良くもあり、お気に入りの曳山が皆さんの中にも出来るはずです。

散策する際は混雑もしますが、曳山巡行も危ないので十分に気をつけて、めいいっぱい楽しんで来てください。

スポンサーリンク

唐津くんち2023 よくある質問

 

唐津くんち2023はいつどこで開催されますか?

日程: 2023年11月2日(木)から11月4日(土)まで
時間:9:30から22:10ごろまで
会場・場所:佐賀県唐津市 中心部

唐津くんちの歴史や由来は?

くんち」とは「供日(くにち)」が九州の方言で訛ったものらしいです。
ちなみに、諸説ではありますが、このくんちは各お祭りごとに意味が変わったりもするのですが、唐津くんちで使われるくんちは「神様に収穫した物を供える日」という意味があるみたいです。

唐津くんちの2023年の見どころは?

唐津くんちの見どころはやっぱり、曳山でしょう!曳山とはざっくり言えば山車の事なのですが、山のごとく装飾がされた山車の事を曳山(ひきやま)というらしいです。そんな唐津くんちで巡行される曳山は可愛いしカッコいいのが魅力です。あなたも「この曳山は好きだ!」という物があると思いますので、一度調べて、マイ曳山、あなたの推し曳山を見つけてみてください。

唐津くんちの2023年の曳山巡行コースは?

2023年の曳山巡行コースは公式サイトで公表されています。

唐津くんちの屋台・出店は?

屋台は唐津神社の参道に沿って出店しています。出店しているのはじゃがバター、お面、クレープ、イカ焼きなどの王道な物から、ハンバーグやはし巻など現地でないと食べられない物がありました

唐津くんちの会場の混雑状況は?

まず、曳山巡行時間の12:00~15:00前後は参加者の多さもありますが、曳山自体が大きくて参加者が少なかったとしても道がぎゅうぎゅうになります。

唐津くんちの会場の最寄り駅は?

最寄り駅はJR筑肥線 唐津駅です。

唐津くんちの会場へのアクセスは?

JR筑肥線 唐津駅北口から徒歩で約15分で会場に着きます。
JR筑肥線 東唐津駅からだと通常のバスで約20分で到着します。
東唐津駅からは2023年度から有料になってしまいましたが、シャトルバスが運行されていますので、バスでゆっくり行きたい方は東唐津駅から向かう方がオススメです。

唐津くんち2023の会場へのシャトルバスはある?

あります。例年、無料シャトルバスだったのですが、2023年は有料となったようです。ルートも3つあったのが1つ(松浦河畔公園駐車場前~東唐津駅南口)になってしまいました。料金は往復500円片道でも500円。運行時間は11月2日が午後5時から午後10時まで、11月3日から4日は午前9時から午後5時までとなっています。

唐津くんちの会場への車でのアクセスは?

西九州自動車道 唐津ICから約15分で会場に着きます。交通規制がありますので注意してください。

唐津くんちの会場に駐車場はある?

駐車場は臨時駐車場と有料駐車場が用意されています。


タイトルとURLをコピーしました